人気ブログランキング |

こじのりの日々(JazzFlutistの演奏とお酒のブログ)



カテゴリ:プロフィール( 5 )


Noam Jazz Trio ノーム・ジャズ・トリオ

Noam Jazz Trio ノーム・ジャズ・トリオ
長い間ジャズをリスペクトし続けた、共演歴20年を越える3人の再会トリオ。2016年秋のツアーより本格始動。
歌心あふれるグルーヴィーな演奏と、繊細で的確なサウンドの美しさを併せ持つメンバー。スタンダード、オリジナル、日本の曲のジャズアレンジなど、自在に展開する音世界には定評がある。
---

小島のり子(こじまのりこ) フルート Noriko Kojima
東京都目黒区生まれ。エンジニアの父が自宅でレコードをかけながら図面を引いていたことから、幼い頃よりたくさんのクラシック音楽を聴いて育つ。兄の影響で4歳からバイオリンを習う。高校では管弦楽部に所属。和光大学人文学部在学中にエリック・ドルフィーを聴き、ジャズフルートに心魅かれ、フルートを手にする。柳原淑乃に師事。早稲田大学モダンジャズ研究会および東京工業大学ロスガラチェロスに所属。20代の頃に6年の間テナーサックス、ソプラノサックスも手がけ、同時期にサックスを大友義雄、井上淑彦、フルートを渡辺博彦に師事。
温かで深い音色、優れたサウンドセンスを持ち、グルーヴィーで歌心あふれるソロを展開する。加えて風のように飛翔する独自のフレーズが持ち味。
若い頃から作曲も続けており、これまでに作ったオリジナルは数十曲に及ぶ。民謡・童謡やポップスなどのジャズ・アレンジも積極的に手がけ、好評を博している。2005年よりサケオフィステラダの企画で居酒屋ライブを開始。名酒シリーズのオリジナル曲と名酒のコラボレーション・ライブを展開中。2015年、天野丘との「のりキューDUO」をスタート。
自己のユニットでのツアー、1人でのツアー、各地でのジョイントライブも恒例になっている。参加CD多数。ヴォーカリストのサポートや共演機会も多い。
リーダーCDは、「Easy Come, Easy Go」(現在販売されていません)、「春の如く」、「NORINOTE」、「LUSH LIFE」、「Songs For My Sake」、「anyway」。2018年秋、天野丘とのDUO+1のCD「anytime」をリリース。
渋谷のライブハウスKO-KOでは、月例のジャムセッション・リーダーも務めている。


天野丘(あまのたかし) ギター Takashi Amano
1963年東京都世田谷区生まれ。中学生の頃よりギターを始める。Roots音楽院で沢田駿吾に師事。その後、三好功郎のアシスタントを務めめながら自己のトリオを結成、演奏活動をスタートする。
鈴木勲(b)、井上淑彦(ts)、大友義雄(as)、福井五十雄(b)、塩本彰(g)、大野えり(vo)、なかにし隆(p)、小島のり子(fl)、仲宗根かほる(vo)、寺井尚子(vln)、カルメン・マキ(vo)等と共演。zephyr(田口悌治,井上淑彦,天野丘)に参加。現在は自己のジャズ・トリオや様々なデュオ、ロック&ファンク色の濃いユニット「The Ossan Band」を軸に様々なセッションでも活動中。
卓越したサウンドセンスとフレージングの自在さで、天野ワールドともいうべき音楽世界を現出させる。温かく誠実な性格で多くのミュージシャンに愛されるギタリスト。
リーダーCDは「天宮(Tenkyu)」、「Dedications」、「A Sweet Delusion」、「One」(The Ossan Band)。参加CD「zephyr」、「Conversation」(宮地スグルとのデュオ)他、多数。
著書は「はじめてのジャズ・ギター」、「はじめてのジャズ・ギター レパートリー強化編」、「弾けちゃう!ジャズ・ギター」。ヤング・ギター誌に「The Incredible Jazz Guitarists」を連載。日本工学院八王子専門学校では、後進の指導にあたっている。

澁谷盛良(しぶやもりよし) ベース Moriyoshi Shibuya
群馬県渋川市出身。高校在学中にキャノンボール・アダレイの「サムシング・エルス」を聴き、ジャズに傾倒する。鈴木良雄、太田宏に師事。1990年〜1995年、宇宿允人率いるオリエンタル・バイオ・オーケストラに参加。
ライブハウスを中心に演奏活動を続け、中村達也、竹内直、野口久和、吉田正広、福村博、岡安芳明、高橋知己、大森明、山田穣、中西真一、小島のり子のユニットおよび、ファンキー末吉チャイニーズ・ジャズバンド、などに参加。寺下誠、磯見博、五十嵐一生、椎名豊、宮の上貴昭、西直樹 、加藤崇之、他、多くのミュージシャンと共演。
現在は、磯見博、中西真一、小島のり子、今村祐司、後藤輝夫などのグループに加わっている。自己のリーダーバンド「あわもり楽団」は、林栄一(as)、古和靖章(g)、高橋佑成(p)、山本悠(ds)のメンバーで、ライブハウスやツアーで活動展開中。
1995年より現在まで、新宿ピットインのジャムセッション・ハウスバンド(リーダー寺下誠)をつとめる。
生音を好み、アンプでの音作りにこだわる。チャールズ・ミンガスを尊敬している。響きのある太くて暖かい音色には定評があり、メロディアスなソロのフレージング、サウンドセンスともに素晴らしい。
参加CDは、ファンキー末吉「香港大夜総会」、小島のり子「春の如く」「NORINOTE」「anyway」、松本全芸「Echo Of The Wave」、寺下誠「Real Jazz Moments」など。



---
短めプロフィール

Noam Jazz Trio ノーム・ジャズ・トリオ
長い間ジャズをリスペクトし続けた、共演歴20年を越える3人の再会トリオ。2016年秋のツアーより本格始動。
歌心あふれるグルーヴィーな演奏と、繊細で的確なサウンドの美しさを併せ持つメンバー。スタンダード、オリジナル、日本の曲のジャズアレンジなど、自在に展開する音世界には定評がある。
---

小島のり子(こじまのりこ) フルート Noriko Kojima
温かで深い音色、優れたサウンドセンスを持ち、グルーヴィーで歌心あふれるソロを展開する。加えて風のように飛翔する独自のフレーズが持ち味。
民謡・童謡やポップスなどのジャズ・アレンジも積極的に手がけ、好評を博している。2005年よりサケオフィステラダの企画で居酒屋ライブを開始。名酒シリーズのオリジナル曲と名酒のコラボレーション・ライブを展開中。2015年、天野丘との「のりキューDUO」をスタート。
自己のユニットでのツアー、1人でのツアー、各地でのジョイントライブも恒例になっている。リーダーCDは「anyway」他7作。2018年秋、天野丘とのDUO+1のCD「anytime」をリリース。
渋谷のライブハウスKO-KOでは、月例のジャムセッション・リーダーも務めている。

天野丘(あまのたかし) ギター Takashi Amano
世田谷区生まれ。三好功郎のアシスタントを務めめながら自己のトリオを結成、演奏活動をスタートする。鈴木勲、井上淑彦、大友義雄、福井五十雄、塩本彰、大野えり、なかにし隆、小島のり子、仲宗根かほる、寺井尚子、カルメン・マキ等と共演。現在は自己のジャズ・トリオや様々なデュオ、ロック&ファンク色の濃いユニット「The Ossan Band」を軸に様々なセッションでも活動中。
卓越したサウンドセンスとフレージングの自在さで、天野ワールドともいうべき音楽世界を現出させる。温かく誠実な性格で多くのミュージシャンに愛されるギタリスト。
リーダーCDは「天宮」、「Dedications」、「A Sweet Delusion」、「One」。参加CD多数。ヤング・ギター誌で「The Incredible Jazz Guitarists」連載。日本工学院八王子専門学校では、後進の指導にあたっている。

澁谷盛良(しぶやもりよし) ベース Moriyoshi Shibuya
群馬県渋川市出身。高校在学中にキャノンボール・アダレイの「サムシング・エルス」を聴き、ジャズに傾倒する。鈴木良雄、太田宏に師事。ライブハウスを中心に演奏活動を続け、中村達也、竹内直、野口久和、吉田正広、福村博、岡安芳明、高橋知己、大森明、山田穣、磯見博、中西真一、小島のり子、今村祐司、後藤輝夫などのグループに参加。自己のリーダーバンド「あわもり楽団」は、林栄一(as)、古和靖章(g)、高橋佑成(p)、山本悠(ds)のメンバーで、ライブハウスやツアーで活動展開中。1995年より現在まで、新宿ピットインのジャムセッション・ハウスバンド(リーダー寺下誠)をつとめる。
響きのある太くて暖かい音色には定評があり、メロディアスなソロのフレージング、サウンドセンスともに素晴らしい。参加CDは、ファンキー末吉「香港大夜総会」、小島のり子「春の如く」「NORINOTE」「anyway」、寺下誠「Real Jazz Moments」など。

by koji-nori | 2018-09-09 15:08 | プロフィール | Comments(0)

小島のり子 天野丘 落合康介 プロフィール

小島のり子 Noriko Kojima
東京都目黒区生まれ。エンジニアの父が自宅でレコードをかけながら図面を引いていたことから、幼い頃よりたくさんのクラシック音楽を聴いて育つ。兄の影響で4歳からバイオリンを習う。高校では管弦楽部に所属。和光大学人文学部在学中にエリック・ドルフィーを聴き、ジャズフルートに心魅かれ、フルートを手にする。柳原淑乃に師事。奏法、理論、作曲等を学ぶ。早稲田大学モダンジャズ研究会および東京工業大学ロスガラチェロスに所属。20代の頃に6年の間テナーサックス、ソプラノサックスも手がけ、同時期にサックスを大友義雄、井上淑彦に、フルートを渡辺博彦に師事。
温かで深い音色、優れたサウンドセンスを持ち、グルーヴィーで歌心あふれるソロを展開する。加えて風のように飛翔する独自のフレーズが持ち味。スタンダード・ジャズ、ビバップ、コンテンポラリーナンバーなど、精力的に吹き続けている。またボサノバ、現代ブラジル音楽からもエッセンスを取り入れて演奏している。
若い頃から作曲も続けており、これまでに作ったオリジナルは数十曲に及ぶ。民謡・童謡やポップスなどのジャズ・アレンジも積極的に手がけ、好評を博している。2005年よりサケオフィステラダの企画で居酒屋ライブを開始。名酒シリーズのオリジナル曲と名酒のコラボレーション・ライブを展開中。2015年、天野丘との「のりキューDUO」をスタート。
自己のユニットでのツアー、1人でのツアー、各地でのジョイントライブも恒例になっている。参加CD多数。ヴォーカリストのサポートや共演機会も多い。
リーダーCDは、「Easy Come, Easy Go」(現在販売されていません)、「春の如く」、「NORINOTE」、「LUSH LIFE」、「Songs For My Sake」、「anyway」。
2018年ギター天野丘とのDUO+ベース落合康介とのCD「anytime」をリリース。
渋谷のライブハウスKO-KOでは、月例のジャムセッション・リーダーも務めている。

天野丘 Takashi Amano
1963年6月25日、東京都世田谷区生まれ。中学生の頃よりギターを始める。Roots音楽院で沢田駿吾に師事。その後、三好功郎のアシスタントを務めめながら自己のトリオを結成、演奏活動をスタートする。
鈴木勲(b)、井上淑彦(ts)、大友義雄(as)、福井五十雄(b)、塩本彰(g)、大野えり(vo)、なかにし隆(p)、小島のり子(fl)、仲宗根かほる(vo)、寺井尚子(vln)、カルメン・マキ(vo)等と共演。zephyr(田口悌治,井上淑彦,天野丘)に参加。現在は自己のジャズ・トリオや様々なデュオ、ロック&ファンク色の濃いユニット「The Ossan Band」を軸に様々なセッションでも活動中。
卓越したサウンドセンスとフレージングの自在さで、天野ワールドともいうべき音楽世界を現出させる。温かく誠実な性格で多くのミュージシャンに愛されるギタリスト。
リーダーCDは「天宮(Tenkyu)」、「Dedications」、「A Sweet Delusion」、「One」(The Ossan Band)。参加CD「zephyr」、「Conversation」(宮地スグルとのデュオ)他、多数。
著書は「はじめてのジャズ・ギター」、「はじめてのジャズ・ギター レパートリー強化編」、「弾けちゃう!ジャズ・ギター」。ヤング・ギター誌に「The Incredible Jazz Guitarists」を連載。日本工学院八王子専門学校では、後進の指導にあたっている。

落合康介 Kosuke Ochiai
1987年1月17日、神奈川県鎌倉市に生まれる。千葉県袖ケ浦市育ち。幼少よりピアノ、高校中退後に親戚のジャズ・ピアニスト中山静夫に勧められコントラバスをはじめる。その後ガット弦の魅力に取り憑かれ、田辺和弘にボウイングを師事。また、馬頭琴の音に衝撃をうけ、キンマンタツ、嵯峨治彦に師事。
自己のリーダーバンドでは、かみむら泰一(ts)、小林豊美(fl)、古和靖章(gt)、池澤龍作(ds)、ちゃる(tap)、池間由布子(vo)と、シブいオカズモキタとして活動。参加バンドは、田中信正トリオ、市野元彦Time Flows Quartet、松井宏樹グループ、寺井雄一カルテット、永武幹子トリオ、宅シューミー朱美、小島のり子トリオ、Joe Rosenberg、中村真トリオ、蜂谷真紀グループ、望月慎一郎トリオなど。
参加CDは、田中信正「作戦失敗」、望月慎一郎「Visionary」、「Another Vision」、永武幹子「Collection1」。
ガット弦の心揺さぶられる音色と、音楽への向き合い方、サウンドセンスの素晴らしさ、フレキシブルなアプローチ、これからのジャズシーンを闊歩していく若手ベーシスト。
コントラバスを通じた表現を日々研鑽、都内ライブハウスを中心に活動中。




写真はこちらにあります。
https://ameblo.jp/kojinor/entry-12401925050.html
サイズの大きいものが必要でしたら、連絡をください。
kojinori@mac.com
まで。


by koji-nori | 2018-09-01 17:44 | プロフィール | Comments(0)

(アメブロ)ジャズフルート小島のり子の写真もろもろ

アメブロに、撮った写真や演奏風景、フライヤーなどUPしてみました。
ジャズフルート小島のり子の写真もろもろ
http://ameblo.jp/kojinor

facebookページ の変わりに使ってみようかなあ、など。

こちらのエキサイトブログはスケジュールとお酒の話、になります。
文字情報中心に。
どうでしょうかね。
よろしくおねがいします。

by koji-nori | 2017-07-13 02:00 | プロフィール | Comments(0)

小島のり子プロフィール

温かな音色に加えて、ジャズならではのグルーヴ感を大切にフルートを吹き続けている。長い間ジャズを愛し続け、聴き続けてきたことで、サウンドセンスとジャジーなメロディーセンスを持っている。またそれにとどまらず、独自のニュアンスで風のように飛翔するフレーズも持ち味。
数多くのミュージシャンとの交流を持ち、ライブを中心とした演奏活動をおこなっている。

スタンダード・ジャズや、ピアニストやサックスプレイヤーの手によるジャズクラシック・ナンバーを積極的に吹き続けている。またブラジル音楽のミュージシャンとの交流も深く、ボサノバ、現代ブラジル音楽からもエッセンスを取り入れて演奏している。
民謡・童謡やポップスなどのコンテンポラリー・ジャズ・アレンジも好評を博している。オリジナル曲も多彩。
2005年よりサケオフィス・テラダの企画で居酒屋ライヴ開始。名酒シリーズのオリジナル曲と名酒のコラボレーション・ライブを展開中。
バスフルート、アルトフルートやピッコロで奏されるJAZZも独特の味わいを持つ。


↓詳しいプロフィール
--
東京都目黒区生まれ。東京都目黒区生まれ。エンジニアの父が自宅でレコードをかけながら図面を引いていたことから、幼い頃からたくさんのクラシック音楽を聴いて育つ。兄の影響で4歳からバイオリンを習う。高校では管弦楽部に所属。
大学在学中にジャズに興味をもち、大学と掛け持ちで武蔵野音楽院に入学。柳原淑乃氏に師事。奏法に加えて、理論、作曲等を学ぶ。また、早稲田大学モダンジャズ研究会および東京工業大学ロスガラチェロスに所属。卒業後、大友義雄氏、井上淑彦氏、渡辺博彦氏に師事。
1987年に自己のカルテットを結成して以来、数多くのミュージシャンとの交流を持ち、コンサート、イベントをはじめ、都内及び近郊のライブハウスを中心に演奏活動を続けている。

共演歴=
黒田京子オルト、城田有子&サンシャインベイブス、、野口久和オーケストラ、をはじめ、藤崎羊一、野口久和、板倉克行、谷川賢作、中山英二、山岸笙子等のグループに参加。
大友義雄(as)山田穣(as)宮地傑(ts)中路英明(tb)池田雅明(tb)藤井寛(vib)加藤祟之(g)津村和彦(g)矢掘孝一(g)福田重男(p)二村希一(P)寺下誠(p)小谷教夫(p)大口純一郎(p)吉田桂一(p)井上祐一(p)野本晴美(p)佐々木悌二(b)河原秀雄(b)吉田正広(ds)広瀬潤二(ds)廣江靖(ds)小山彰太(ds)他、多くのミュージシャンと演奏。
セッションや企画ものでは矢野沙織(as)村田博(tp)中村誠一(ts)浜田均(vib)大井貴(vib)横山達治(perc)元岡一英(p)山本剛(p)吉岡秀晃(p)矢野沙織(as)村田博(tp)小林陽一(ds)高橋ゲタ夫(b)大隅寿男(ds)他 と共演。

2005年より旭酒造(山口県)およびサケオフィス・テラダの企画で居酒屋ライブ開始。愛してやまない日本酒の味わいとその味わいを曲に綴った「名酒シリーズ」のオリジナルも数多く作曲、オリジナル曲と名酒のコラボレーションを実現する。
2007年スイングジャーナル誌人気投票、木管部門第8位。

大橋祐子(p)栗林すみれ(p)外山案樹子(p)矢藤亜沙巳(p)馬場孝喜(g)関根彰良(g)カイドーユタカ(b)飯田雅春(b)斉藤良(ds)といった若手とも積極的に共演、若手のオリジナル曲も取り入れてフレキシブルにライブを行なう。同時に、竹内直(ts/fl/etc)寺下誠(p)石井彰(p)福田重男(p)清水くるみ(p)関根敏行(p)大口純一郎(p)高橋幹夫(d)等、活躍中のベテランとも積極的にコラボレーションすることで、表現の幅を広げている。

近年は石井彰(p)金澤英明(b)とのスモーキートリオ、天野丘/のりキューDUO+、西村知恵とのコラボレーション、永武幹子(p)落合康介(b)とのトリオ、関根彰良(g)DUO&TRIO、大橋祐子(p)鈴木克人(b)二本松義史(d)とのカルテットなどをコーディネイト、フレキシビリティーと暖かさやニュートラルさを大切に演奏を展開中。

自己のユニットによるツアーも毎年恒例に。同時に単独ツアーも企画、各地の友人達とも共演、セッションを繰り広げている。

--
リーダーCD
1993年「イージーカム・イージーゴ」(Noplobrem) ※現在販売されていません
2001年「春の如く」(What's NewRecords)
2005年「NORINOTE」(What's NewRecords)
2009年「LUSH LIFE」(What's NewRecords)
2011年「Songs For My Sake」(What's NewRecords)
2015年「anyway」(whisper)
2018年 [anytime]リリース (whisper) 小島のり子&天野丘+落合康介

参加CDは
Bitch In Zion/Ellie
With You Instruments
憑いてますか/池沢理美
Maracja/Kimiko Hirata
オルフェのサンバ/Kimiko Hirata
Degustation A Jazz/菊地成孔
Makin' Music Makin' Love/鈴木桃子
Friends/山岸笙子
How About You?/AIR
As You Like It/SARA★
Ukulele Caravan/関口和之
みくまり/冴理
オードリー/武田愛
グランド・ピアノ/伊原康二


著作は「ジャズ・フルート・メソード1 」リズム・エコー社(現在販売されていません)

Website
http://ekimae.net/jazz/kojinori/

by koji-nori | 2017-01-02 03:04 | プロフィール | Comments(2)

天野丘、澁谷盛良プロフィール

天野丘(あまのたかし)ギター
1963年6月25日生まれ。中学生の頃よりギターを始める。Roots音楽院で沢田駿吾に師事。後に三好功郎のアシスタントを勤めながら、自己のトリオを結成。首都圏ライブハウスで演奏活動をスタートする。
鈴木勲(b)ファミリー、井上淑彦(ts)、大友義雄(as)、福井五十雄(b)、塩本彰(g)スモール・オーケストラ、大野えり(vo)、中西隆(p)、小島のり子(fl)、仲宗根かほる(vo)、寺井尚子(vln)、カルメンマキ(vo)等と共演。zephyr(田口悌治,井上淑彦,天野丘)に参加。
現在は自己のジャズ・トリオや様々なDUO、ロック/ファンク色の濃いバンド「The Ossan Band」の活動を軸に様々なセッションでも活動。
サウンドセンスの良さ、フレージングの自在さは天野ワールドともいうべき音楽世界を現出させる。また、性格は温かく誠実で、多くのミュージシャンに愛されるギタリスト。
リーダーCDは「Dedications」「Sweet Delusion」「One」(The Ossan Band)。参加CD「zephyr」「Conversation」(宮地傑とのDUO)他多数。
日本工学院八王子専門学校ミュージックカレッジでは、ギター、音楽理論、作編曲の講義を持ち、後進の指導にあたっている。
著書は「初めてのジャズ・ギター」「初めてのジャズ・ギターレパートリー強化編」「弾けちゃう!ジャズギター」(リットーミュージック社)。「ヤングギター」(シンコーミュージック)に『The Incredible Jazz Guitarists』連載。


澁谷盛良(しぶやもりよし) ベース
群馬県渋川市出身。
高校在学中にキャノンボール・アダレイの「サムシング・エルス」を聴き、以後ジャズに傾倒する。
鈴木良雄、太田宏にベース奏法及び理論を師事。
1984年大久保勝とロストロスでプロデビュー。1990年〜1995年、宇宿允人率いるオリエンタル・バイオ・オーケストラに参加。
その後ライブハウスを中心に演奏活動を続け、中村達也グループ、竹内直グループ、野口久和オーケストラ、吉田正広グループ、福村博グループ、岡安芳明グループ、高橋知己グループ、大森明カルテット、山田穣グループ、ファンキー末吉チャイニーズ・ジャズバンド、中西真一バンド、小島のり子カルテットなどに参加するほか、寺下誠、磯見博、五十嵐一生、椎名豊、宮の上貴昭、西直樹 、加藤崇之等多くのミュージシャンと共演。
1995年より現在まで、新宿ピットインのジャムセッション・ハウスバンド(リーダー寺下誠)をつとめる。
現在は、磯見博、中西真一、小島のり子、今村祐司、後藤輝夫などのグループに加わっている。

参加CDは、矢野嘉子「ライク・サムワン・イン・ラブ」、ファンキー末吉「香港大夜総会」、小島のり子「春の如く」「NORINOTE」「anyway」、松本全芸「Echo Of The Wave」、寺下誠「Real Jazz Moments」など。
生音を好み、アンプでの音作りにこだわる。チャールズ・ミンガスを尊敬している。響きのある太くて暖かい音色には定評があり、メロディアスなソロのフレージング、サウンドセンスともに素晴らしい。


by koji-nori | 2015-07-09 00:27 | プロフィール | Comments(0)


ジャズフルート奏者小島のり子のブログ。websiteは kojinori.com
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
WEBSITE /ブログ・リンク
お気に入りブログ
最新のコメント
> 矢野栄太郎さん コ..
by koji-nori at 15:56
お久しぶりです 西馬音..
by 矢野栄太郎 at 16:28
宜しくお伝えください。 ..
by key-san at 19:48
> key-sanさん ..
by koji-nori at 14:23
7月は九州ツアーですか。..
by key-san at 23:08
ジャズフェスこちらです♪..
by koji-nori at 03:15
キーさん、心強いお言葉あ..
by koji-nori at 03:10
9月28日リラクシンです..
by key-san(キーさんと呼んで) at 00:04
> key-sanさん ..
by koji-nori at 18:37
はじめまして 今月20..
by key-san at 00:28
以前の記事
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧