こじのりの日々(JazzFlutistの演奏とお酒のブログ)



タグ:小島のり子 ( 23 ) タグの人気記事


天野丘、澁谷盛良プロフィール

天野丘(あまのたかし)ギター
1963年6月25日生まれ。中学生の頃よりギターを始める。Roots音楽院で沢田駿吾に師事。後に三好功郎のアシスタントを勤めながら、自己のトリオを結成。首都圏ライブハウスで演奏活動をスタートする。
鈴木勲(b)ファミリー、井上淑彦(ts)、大友義雄(as)、福井五十雄(b)、塩本彰(g)スモール・オーケストラ、大野えり(vo)、中西隆(p)、小島のり子(fl)、仲宗根かほる(vo)、寺井尚子(vln)、カルメンマキ(vo)等と共演。zephyr(田口悌治,井上淑彦,天野丘)に参加。
現在は自己のジャズ・トリオや様々なDUO、ロック/ファンク色の濃いバンド「The Ossan Band」の活動を軸に様々なセッションでも活動。
サウンドセンスの良さ、フレージングの自在さは天野ワールドともいうべき音楽世界を現出させる。また、性格は温かく誠実で、多くのミュージシャンに愛されるギタリスト。
リーダーCDは「Dedications」「Sweet Delusion」「One」(The Ossan Band)。参加CD「zephyr」「Conversation」(宮地傑とのDUO)他多数。
日本工学院八王子専門学校ミュージックカレッジでは、ギター、音楽理論、作編曲の講義を持ち、後進の指導にあたっている。
著書は「初めてのジャズ・ギター」「初めてのジャズ・ギターレパートリー強化編」「弾けちゃう!ジャズギター」(リットーミュージック社)。「ヤングギター」(シンコーミュージック)に『The Incredible Jazz Guitarists』連載。


澁谷盛良(しぶやもりよし) ベース
群馬県渋川市出身。
高校在学中にキャノンボール・アダレイの「サムシング・エルス」を聴き、以後ジャズに傾倒する。
鈴木良雄、太田宏にベース奏法及び理論を師事。
1984年大久保勝とロストロスでプロデビュー。1990年〜1995年、宇宿允人率いるオリエンタル・バイオ・オーケストラに参加。
その後ライブハウスを中心に演奏活動を続け、中村達也グループ、竹内直グループ、野口久和オーケストラ、吉田正広グループ、福村博グループ、岡安芳明グループ、高橋知己グループ、大森明カルテット、山田穣グループ、ファンキー末吉チャイニーズ・ジャズバンド、中西真一バンド、小島のり子カルテットなどに参加するほか、寺下誠、磯見博、五十嵐一生、椎名豊、宮の上貴昭、西直樹 、加藤崇之等多くのミュージシャンと共演。
1995年より現在まで、新宿ピットインのジャムセッション・ハウスバンド(リーダー寺下誠)をつとめる。
現在は、磯見博、中西真一、小島のり子、今村祐司、後藤輝夫などのグループに加わっている。

参加CDは、矢野嘉子「ライク・サムワン・イン・ラブ」、ファンキー末吉「香港大夜総会」、小島のり子「春の如く」「NORINOTE」「anyway」、松本全芸「Echo Of The Wave」、寺下誠「Real Jazz Moments」など。
生音を好み、アンプでの音作りにこだわる。チャールズ・ミンガスを尊敬している。響きのある太くて暖かい音色には定評があり、メロディアスなソロのフレージング、サウンドセンスともに素晴らしい。


[PR]
by koji-nori | 2015-07-09 00:27 | プロフィール | Comments(0)

CD「anyway エニウェイ」

f0115027_18501321.jpg

「anyway エニウェイ」 2015年6月11日発売
小島のり子(fl&alt-fl)田口悌治(g)澁谷盛良(b)小泉高之(d)

ライブシーンで活躍中のフルーティストが旬なメンバーと織りなす自然体ジャズ

ジャズスタンダードと日本の名曲、そして日本酒を音で綴った名酒シリーズを収録した6作目のリーダーCD。


解説はラズウェル細木。自己の曲解説とお酒の解説もあり。


収録曲

1.Looking Up To The Sky(初雪盃-純米吟醸,生原酒)/ Noriko Kojima

2.A Daydreamer(菊石-純米酒,夢ゆたか)/ Noriko Kojima

3.Always With You/ Noriko Kojima

4.Brilliant Waterfall(岩の蔵-純米吟醸)/ Noriko Kojima

5.Sound Of Silence/ Paul Simon

6.Chick’s Tune/ Chick Corea

7.Mogamigawa Funauta「最上川舟唄」民謡

8.Ruby, My Dear/ Thelonious Monk

9.Kagirohi(春鹿-純米,超辛口)/ Noriko Kojima

Whisper WSP-15061

税抜き2,200円。税込み(8%)で2,376円。ネットではAmazon、

山野楽器,新宿村松楽器,新宿ドルチェ楽器,Disk Unionでもお求めになれます。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00ZGJXIN6/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1467100671&sr=1-1

ライブ会場では2,300円で販売予定です。




ライブスケジュールはこちら

http://web01n.com/?id=kojinori


Websiteは

http://ekimae.net/jazz/kojinori/



[PR]
by koji-nori | 2015-06-02 18:51 | my CD | Comments(0)

CD「ラッシュ・ライフ/LUSH LIFE」

2009年4月22日(水)に、新しいリーダーCDがリリースされました。

「ラッシュ・ライフ/LUSH LIFE」小島のり子
What's New Records (WNCJ-2196) 2,800円(税込)
お近くのCDショップ等でも注文できます、ネットではamazonでも購入できます。
ライブの時にも、お求めになれます。

JAZZ LIFE誌 2009年6月号に、インタビュー記事が掲載されています

スタンダード・ジャズをこよなく愛し吹き続けている小島が、
やはりこれも愛し続けてやまない日本酒の中から7銘柄をピックアップ。
それぞれの持つ味わいの素晴らしさと名称のユニークさを音で表現しようと試み書き下ろした、
ライフワークの「名酒シリーズ」オリジナル曲集。
名酒シリーズのオリジナル曲を集めてレコーディングしようと思ってから2年、飲んではイメージを書いて、飲んで直して...すぐにできた曲もありましたが、推敲に時間がかかった曲もありました。
お酒の味わいと、銘柄をイメージして作っていった曲ですが、もちろん単独のジャズ・チューンとしても楽しめるように、自分らしさも味わっていただけるように作ったつもりです。

収録は、いつもお願いしているミュージシャンと、巨匠連にお願いしました。
大口、二村の両ピアノと、ショータさんは、やはり凄いです。平らなCDが立体的な音になりまくっています。お馴染みのメンツも、もちろん素敵な演奏を繰り広げてくれました。楽しんでいただけたら、嬉しくおもいます。どうぞ宜しくおねがいいたします。


収録曲

1. I Hear A Rhapsody (by Gerge Fragos& Jack Baker)
2. Bridge In The Afternoon/獺祭 磨き三割九分
3. For Better Days/開運 特別純米
4. When The Moon Hugs The Shore/月の井 純米吟醸無濾過
5. Hototogisu~The Water Clock/ほととぎす~大七 純米きもと
6. The Shade Of Wisteria/藤のかげ
7. Seven Ways To A Kiss/七田 純米無濾過
8. Mythic Goblin/温羅 無濾過生原酒
9. Lush Life (by Billy Strayhorn)
10. Crane Is Fling In The Dream/鶴齢 純米吟醸

*2~6曲目。小島のり子(fl)山口友生(g)大口純一郎(p)澁谷盛良(b)水口泰邦(d)。
*1と、7~10曲目。小島のり子(fl)二村希一(p)鈴木克人(b)小山彰太(d)。

*1.と9.以外は小島のり子オリジナル。

f0115027_17472636.jpg

解説は岩浪洋三(以下抜粋)、寺田好文(サケオフィス テラダ)の解説、自己による曲解説あり。


■日本酒を主なテーマにした、人気ジャズ・フルーティストの意欲作
岩浪洋三

ジャズ・フルート奏者として確固たる地位を確立している小島のり子の活躍はめざましい。年間100本を超えるライヴをこなしているというから、3日に一回はどこかでライブが聴けるというわけで、先日ぼくもギターとのデュオ・ライヴを聴き、ますます充実してきた彼女のフルートを堪能することができた。
1980年代から彼女のフルートを聴いてきた記憶があり、真面目で意欲的なプレイヤー、という印象が強い。1987年に自己のカルテットを結成して以来、コンサート、イベントをはじめ、都内や近郊のライヴ・ハウスを中心に演奏活動を続けており、いまやジャズ・フルートのトップをゆく一人として高く評価したい。
先日のライヴを聴いたときには、新しく購入したバス・フルートも吹いてみせてくれたが、その柔らかで豊かなサウンドは聴き物だった。彼女がいまもさまざまな音楽を研究し、新しいタイプのフルートも手がけ、日々進歩し続けているのが分かる。
彼女はこれまですでに3枚のリーダー・アルバムを出していて、本アルバムは4枚目に当たるが、今回のものは特に意欲的かつ興味深いアルバムになっている。収録曲のうちの7曲は、彼女が愛し続けてやまない日本酒のなかから7銘柄を選んで曲にしたものである。(以下略)

[PR]
by koji-nori | 2009-04-28 17:18 | my CD | Comments(0)


ジャズフルート奏者、小島のり子のブログ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
WEBSITE /ブログ・リンク
お気に入りブログ
最新のコメント
宜しくお伝えください。 ..
by key-san at 19:48
> key-sanさん ..
by koji-nori at 14:23
7月は九州ツアーですか。..
by key-san at 23:08
ジャズフェスこちらです♪..
by koji-nori at 03:15
キーさん、心強いお言葉あ..
by koji-nori at 03:10
9月28日リラクシンです..
by key-san(キーさんと呼んで) at 00:04
> key-sanさん ..
by koji-nori at 18:37
はじめまして 今月20..
by key-san at 00:28
すごいスケジュールですね..
by ニャンダーフォーゲル at 03:37
ソルティキャットさん、コ..
by koji-nori at 14:24
以前の記事
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧